株式会社日本免疫粧研 / JAPAN IMMUNITY COSMETICS LABO

Column

子育てとアトピーと

電話相談の話題や子育て中の出来事などにふれながら、様々なテーマについて考えます

お化粧したいのに

「大学生になって周りの人がみなお化粧しているので自分もしたいと思うようになった。
ポイントメークから始めるといいと姉に教えられて、口紅を何種類か試したが、痒くなったり唇の皮がむけたりして自分の肌に合うものがなかった。
薄いピンク色がつくリップクリームでとりあえず我慢しているが物足りない」

「貧血でいつも青白い顔だと言われるので、オールインワンのファンデーションを買った。
朝メイクして夕方家に帰る頃になると顔がかゆくなる。
日によっては洗い流した後、毛穴がぶつぶつ盛り上がったようになって落ち着くまで数日かかることもあった。」

「化粧水や乳液を使うようになったら、化粧の乗りはよくなったが、おでこの生え際あたりにブツブツ赤い湿疹が出るようになって、いつまでも治らない。」

これらはみな学生からの相談でした。

手の届く範囲の金額の化粧品が前提になっていて、選べる範囲はそんなに広くありません。

その上、お化粧を始めて間もない頃は、それを使うと自分の肌がどんな風に反応するかわからないので、とても不安だと思います。

この先ずっとこんな感じで、化粧品を使うのはそもそも無理なのかもしれないと考えて少し悲しい気分になる人もいると思います。

いろいろ探して無添加化粧品が肌に合うことが分かったものの、保存料が含まれていないため、夏場は冷蔵庫に化粧品を入れて、短い期間に使い切らなければならずやっかいだとうったえる人もいました。

ボトルの中でカビが生えているのに気づかず使って、化粧かぶれを起こしたという相談も過去にはありました。

自分の肌に合うだけでなく、使う化粧品の特徴・性質をよく考えて選ぶ必要があるということは、わかっているけれど、現実はうまくいかないことだらけです。

私たちが時々提案しているのは、「ここぞという時にちょっとだけ使う」ことです。

待ち合わせ場所に行ってからトイレで口紅を塗るとか、近年のコロナ対策で遠隔授業の機会が増えているので、そういった顔を合わせて意見交換するようなときだけ、頬に少しだけシンプルなファンデーションを使って、終了後すぐに洗い流すというやり方です。

やってみたい気持ちを抑え込まず、ちょっとだけ楽しんでみるやり方ですが、肌に合うものが見つかるまで、こんな方法もためしてみてはいかがでしょう。

ただそれも「短時間なら肌が荒れない」という化粧品に絞ってやってほしいと思います。

やはり無理は禁物です。

化粧品を洗い流すときは、肌に刺激が少ない石けんを見つけてください。

手のひらで石けんを泡立てその泡で顔を洗うような気持ちで、洗う時にも皮膚に強い刺激を与えないようにすることも大切です。
ポンプ式の泡が出るタイプの洗顔せっけんは便利です。