株式会社日本免疫粧研 / JAPAN IMMUNITY COSMETICS LABO

Column

子育てとアトピーと

電話相談の話題や子育て中の出来事などにふれながら、様々なテーマについて考えます

成長と共に傷になる場所が変化した

侵出液が出る状態は、我が子の場合は口の周りや頬が最初でした。

口の周りの症状が落ち着くと今度は耳切れが始まり、切れたところに浸出液が出てくると自分の浸出液にかぶれるようになり、痒くて痛い傷口はどんどん広がっていきました。

子どもは着替える時に洋服が耳に引っ掛かると痛いので、着替える時はいつも腕を最初に袖から抜いて、首の部分から指先を出して本人が両手で耳を押さえている間に私が洋服を首から抜くという連携作業が自然にできるようになりました。

傷口をよく洗い保湿剤や時にはステロイドをぬって、快方に向かうもののすっきり治るまでには随分時間がかかるので、オムツが取れるよりも前に子どもはお着換え上手になり、スキンケアも嫌がらずにやる子になっていました。

治りたい一心だったのかもしれませんが、初めての子育てであたふたとしていた私は子どもの協力に随分助けられました。

しかし傷口は耳切れが落ち着いた頃、手足のくびれや足の甲に広がるようになり新たな展開を迎えていました。

3~5歳の頃が一番ひどく、洗ってスキンケアをして時には包帯を巻いていたのに、手足は文字通りぼろぼろな感じになっていきました。

その頃食物アレルギーと診断されて、アレルゲン対策が始まると、賽の河原のように際限のない皮膚の悪化が少し落ち着くようになり、このままうまく治るかもしれないと感じることも時折出てきました。

ただ残念ながら物事はすっきりと解決はせず、保育園に通うようになると、いいことも悪いことも新たに経験しなければなりませんでした。

暑い日の水遊びはうれしいけれど、塩素を使った洗い場やプールは皮膚症状をあっという間に悪化させ、濃い塩素を含む水は皮膚の乾燥を助長するので、それを水道水で洗い流した後すぐに保湿すれば皮膚はなんとか熱をもたずに落ち着いた状態に戻るのですが、タイミングが悪いと熱を持った状態になり傷口はジュクジュクと悪化してまた数週間、子どもの忍耐と協力を頼みにスキンケアや包帯巻きの日々が繰り返されることになるのです。

園の先生方は沢山協力してくださいましたが、沢山の子どもがいる中で我が子だけ大急ぎで対処することをいつもいつもお願いするのは無理なことです。

時にはうまくいかないこともあり、子ども自身はそのことをよくわかっていて、回を重ねるうちに自分でやろうとするようになり、それを先生がサポートするような形に変化していきました。

本人は不器用で上手にはできませんでしたが、周りにいるたくさんの大人たちが見守ってくれていたのだなと振り返ると改めて感じます。

Column List

    繊細な男ごころ?(1)

    繊細な男ごころ?(2)

    災害支援でであうこと

    災害弱者支援のこと

    綿毛布と衣類のこと

    電話相談の記録から―

    お母さんのケアにも応援が必要

    おっぱいをやめればアトピーが治る?

    箱ティッシュのこと

    憂鬱や不機嫌はアトピーのせい?

    「すすぎ残りなし」のこと

    処方された薬を勝手に止めてみたものの

    良かれと思われることがつらい

    指先が少し憂鬱

    紙おむつと布おむつどっちがいいの?

    お父さんと娘さんの仲直り

    思春期の身だしなみ

    絆創膏が使えない

    窓を閉め切っていませんか?

    食生活と皮膚のこと

    消毒のし過ぎで手荒れがひどくなった

    マスクで思い出したことがあります

    「自分でできる」を待つ時間

    お化粧したいのに

    化粧したがる我が子に腹が立つ

    残留塩素とかゆみのこと

    子どもの言い分、親の心配。

    たかが耳切れ、されど耳切れ

    「入店お断り」の感染対策のこと

    就職したら肌トラブルが始まった

    痒い場所は身体のシグナルかもしれない

    二重マスク・抗菌マスクのこと

    もう一度洗い残しのこと

    アトピー性皮膚炎は遺伝するのかな

    ニョロニョロはもういない

    大きくなったら治るといわれても

    汗をかく部活動はやめさせるべき?

    動物を飼うこと

    母の手際と猫のこと

    偏食で痩せている-お父さんのチャレンジ-

    偏食で痩せている-責められていると感じるお母さん-

    偏食で痩せている-世の中と折り合いをつける-

    お風呂は悩みの種だった

    コロナ禍でもお医者さんとの対話をやめないで

    アトピー性皮膚炎の再発に気持ちが揺れる

    汗をかきたくなくてじっとしているわが子が心配(1)

    汗をかきたくなくてじっとしているわが子が心配(2)

    プールに入ったら塩素を洗い流し保湿しよう

    関連疾患とのおつきあい(1)

    関連疾患とのおつきあい(2)

    卵アレルギーとストロフルスのこと

    とびひのこと

    抗アレルギー薬のこと

    薬のこと「本当にそれでいいのかな?」

    動物が人里に持ち込むマダニやヒルのこと

    杉の木もないのに春先は目の周りがヒリヒリ

    春先のアトピー性皮膚炎の悪化をわかってもらえない

    ラテックス対策が必要でした

    傷だらけでもついやってしまうシュッ

    もう一度「薬のこと」

    ステロイドのこと

    かゆい眼鏡(1)

    かゆい眼鏡(2)

    新素材のこと(1)オムツ

    新素材のこと(2)食事エプロンやスタイ

    ビタミン補給と二人三脚

    扱いづらい身体のことをお父さん分かってよ

    頬が切れて痛々しかった

    成長と共に傷になる場所が変化した

    皮膚は記憶している?