株式会社日本免疫粧研 / JAPAN IMMUNITY COSMETICS LABO

Column

子育てとアトピーと

電話相談の話題や子育て中の出来事などにふれながら、様々なテーマについて考えます

痒い場所は身体のシグナルかもしれない

前回の就職1年目の女性のお話しには続きがありました。

学校に上がる前に乳成分のアレルギーがありアレルゲン除去をしていましたが、小学生になってからは給食を食べていたそうです。

ただ毎日牛乳を飲むようになると皮膚症状が悪化し時々下痢が続くこともあったため、学校で毎日牛乳を飲むことはやめていたそうです。

パンの日はご飯だけ持っていった時期もあると話していました。

私は彼女に「乳首周りとか肛門周りがかゆくなる経験をしたことはありますか?」とうっかりなんとなく聞いてしまいました。

アレルゲン除去は必要なくなっていても牛乳を毎日飲むようになってから何だか皮膚の調子が悪いというご相談が毎年何件かあり、それはもう20年以上続いていることなので、ついうっかりこちらから質問したのです。

「ええ? どうしてそんなことを言うんですか?」
といった後、黙ってしまわれたので、怒っているのだろうと思っていたら、彼女は泣いていました。

こんな恥ずかしいことは誰にも言えないと思っていて、お医者さんにもかかっていないのだと、少し気持ちが落ち着いてから教えてくれました。

痒いだけだったのが数カ月続くうちに痒い場所が傷だらけになり、いまでは下着が当たると痛いのでブラジャーの中にガーゼを入れているというのです。

相談で出会った患者さんから「そういう時はTシャツを着てその上からブラを着けると痛くないです」と教えてもらったことがあって、その方法はいろんな人にお伝えしました。

彼女ともそういった日常の対策を色々と話しました。

そして就職前と就職後で大きく変化した「毎日ラテを飲むこと」「朝食、昼食の大半が菓子パンになっていること」の2点を、それ以外のことに置き換えられるかどうか一緒に考えました。

昔のアレルゲンに反応しているのかどうかはわかりません。

でも、もともと得意ではなかったものだから毎日クリームたっぷりの飲み物を飲むのはやめた方がいい、野菜ジュースなんかどうだろう。

コンビニのおにぎりと野菜とか、野菜たっぷりのサンドイッチとか、バナナとかそういったものをお昼に食べるのもいいかもしれない。

と食べ物の話をたくさんしました。

原因はラテや菓子パンかどうか不明です。

それでも便秘対策としても野菜を食べたり、毎日食べるものに変化をつけることは役立ちそうなので、とりあえずそこからやってみようということになりました。

「痒い場所は恥ずかしい場所ではなくて、身体が自分に教えてくれている大事なシグナルだと思えたらいいね」とお伝えし、頑張りすぎないで万が一悪化するようなことがあったら、恥ずかしがらずお医者さんに行こうねと声をかけました。