株式会社日本免疫粧研 / JAPAN IMMUNITY COSMETICS LABO

Column

子育てとアトピーと

電話相談の話題や子育て中の出来事などにふれながら、様々なテーマについて考えます

偏食で痩せている-世の中と折り合いをつける-

お菓子ばかり食べていた子が「野菜が面白い」と思うチャンスを作れたことで、ほんの少し食事をするようになり、おやつも野菜を使ったものも食べるようになったお子さんの話です。

「茹でてつぶしたサツマイモをラップでくるんだ団子」をおやつに出したら好評だったので、カボチャやジャガイモでもやってみたところ、塩をちょっと振ったものを好んで食べるようになったと連絡をいただきました。

夫婦共働きで時間をかけたものを調理できないので、バリエーションはほとんどないと言っていましたが、野菜のお団子を作れない時は果物のおやつも出すようにしたら、チップス系の油脂が染みた味の濃いお菓子を週に1回くらいしか食べないところまで変化したそうです。

これをやってみようとお母さんと話しあってから3カ月くらいしかたっていません。どうしてそんなに集中してできたのでしょうか。

びっくりして聞いてみると、「油脂を控えただけでかきむしる回数がけっこう減った感じがして、手応えを感じたから」というお答えでした。

確かに私たちが毎年開催している環境教育キャンプでも、自然の中で遊ぶこと、アレルゲン管理を徹底することを中心に置いているため、おやつを出す余裕はほとんどありません。

子どもたちが参加している3日間、提供する6回の食事で甘いものはほとんど登場しません(650食提供する中で甜菜含蜜糖はカップ1/2杯を使うか使わないかくらい)。

油は、しそ油かえごま油を使いますが、やはり甜菜含蜜糖と同じかそれ以下の量しか使いません。

キャンプ初日にアトピー性皮膚炎で顔に赤みがある子は3日目に「また来年会おうね」と挨拶する頃には赤身は消えています。

油脂と糖分を取りすぎないことはかきむしりを抑えるのにある程度有効かもしれないという感覚はありましたが、ご家庭でお菓子しか食べなかったお子さんがこんな短期間で変化するとは思いもよらないことでした。

便秘が少し落ち着き、夜はかきながら眠る時もあるが熟睡できているようで、
「朝のぐずりが減った気がする。野菜グッズに飽きないようにするのが大変だが、まだ小学校2年生なので遊びのようで自分も楽しんでいる。」
と近況を伝えてくれました。

いい流れができてよい結果も生まれてきたけれど、友達と遊んだり親戚の家に行くと袋菓子を与えられるのでそれが憂鬱。

そういったものを食べた日は口の周りが赤くなるし、かきむしりもぶり返すので、どうやって折り合いをつけるのか、ずっとこういうことを悩むのかなとも話していました。

油と砂糖と糖分と折り合いをつけるのは、現実の暮らしの中では本当に大変なことなのだと、再認識した次第です。

Column List

    繊細な男ごころ?(1)

    繊細な男ごころ?(2)

    災害支援でであうこと

    災害弱者支援のこと

    綿毛布と衣類のこと

    電話相談の記録から―

    お母さんのケアにも応援が必要

    おっぱいをやめればアトピーが治る?

    箱ティッシュのこと

    憂鬱や不機嫌はアトピーのせい?

    「すすぎ残りなし」のこと

    処方された薬を勝手に止めてみたものの

    良かれと思われることがつらい

    指先が少し憂鬱

    紙おむつと布おむつどっちがいいの?

    お父さんと娘さんの仲直り

    思春期の身だしなみ

    絆創膏が使えない

    窓を閉め切っていませんか?

    食生活と皮膚のこと

    消毒のし過ぎで手荒れがひどくなった

    マスクで思い出したことがあります

    「自分でできる」を待つ時間

    お化粧したいのに

    化粧したがる我が子に腹が立つ

    残留塩素とかゆみのこと

    子どもの言い分、親の心配。

    たかが耳切れ、されど耳切れ

    「入店お断り」の感染対策のこと

    就職したら肌トラブルが始まった

    痒い場所は身体のシグナルかもしれない

    二重マスク・抗菌マスクのこと

    もう一度洗い残しのこと

    アトピー性皮膚炎は遺伝するのかな

    ニョロニョロはもういない

    大きくなったら治るといわれても

    汗をかく部活動はやめさせるべき?

    動物を飼うこと

    母の手際と猫のこと

    偏食で痩せている-お父さんのチャレンジ-

    偏食で痩せている-責められていると感じるお母さん-

    偏食で痩せている-世の中と折り合いをつける-