株式会社日本免疫粧研 / JAPAN IMMUNITY COSMETICS LABO

Column

子育てとアトピーと

電話相談の話題や子育て中の出来事などにふれながら、様々なテーマについて考えます

繊細な男ごころ?(1)

緑豊かな土地に転校した最初の秋のこと。運動会は近隣住民や親戚も見に来る一大イベントでした。同じ背かっこうの子ども達の中、髪型で見分けていたのですが、私は時々見失ってしまうのに、親戚はみな「ほらあそこ」と代わる代わるに教えてくれます。どうしてわかるのと聞くと「体操着が違うから」と口々に言います。前の学校と同じデザインだったからそのまま着せたのに、おかしいなと思いつつ体操着をみると、なるほどまっ白な体操着の中我が子は「きなり」で、1度それとわかってしまえば見つけるのは簡単でした。

合成洗剤で洗うとすすぎを2~3回しないとかゆがるので、漂白効果のない昔ながらの洗剤で洗っていました。すすぎは1回でいいし、かゆがらないし、こんないいことはないと思っていたのに「きなり」になるとは。子どもが気付かずにいてくれることを願っていましたが、高学年になってから「間違った体操着を買ってるんじゃないの?」と言われ、それからは我家のせっけんをどうするか、すったもんだがしばらく続きました。

繊細な男ごころ? No.2 に続く。

Column List

    繊細な男ごころ?(1)

    繊細な男ごころ?(2)

    災害支援でであうこと

    災害弱者支援のこと

    綿毛布と衣類のこと

    電話相談の記録から―

    お母さんのケアにも応援が必要

    おっぱいをやめればアトピーが治る?

    箱ティッシュのこと

    憂鬱や不機嫌はアトピーのせい?

    「すすぎ残りなし」のこと

    処方された薬を勝手に止めてみたものの

    良かれと思われることがつらい

    指先が少し憂鬱

    紙おむつと布おむつどっちがいいの?

    お父さんと娘さんの仲直り

    思春期の身だしなみ

    絆創膏が使えない

    窓を閉め切っていませんか?

    食生活と皮膚のこと

    消毒のし過ぎで手荒れがひどくなった

    マスクで思い出したことがあります

    「自分でできる」を待つ時間

    お化粧したいのに

    化粧したがる我が子に腹が立つ

    残留塩素とかゆみのこと

    子どもの言い分、親の心配。

    たかが耳切れ、されど耳切れ

    「入店お断り」の感染対策のこと

    就職したら肌トラブルが始まった

    痒い場所は身体のシグナルかもしれない

    二重マスク・抗菌マスクのこと

    もう一度洗い残しのこと

    アトピー性皮膚炎は遺伝するのかな

    ニョロニョロはもういない

    大きくなったら治るといわれても

    汗をかく部活動はやめさせるべき?

    動物を飼うこと

    母の手際と猫のこと

    偏食で痩せている-お父さんのチャレンジ-

    偏食で痩せている-責められていると感じるお母さん-

    偏食で痩せている-世の中と折り合いをつける-